考えるべきことを知ろう

>

おすすめのデザインを聞いてみよう

高齢者がいる家庭におすすめ

家庭内に高齢者がいる場合は、事故が起こらないような機能が必要です。
転倒して転んだり、お風呂場で急に意識を失ったりする事故が起こりやすいので気を付けてください。
お風呂場は急激な温度変化が起こるので、心臓に負担を与えます。
すると高齢者の弱い心臓は負担に耐えられなくなり、意識を失います。
お風呂場に、呼び出しボタンを付けておくと良いでしょう。

また、部屋を1階にするのがおすすめです。
物干し場なども1階にすると、無駄に階段を上らなくて済みます。
高齢者は、階段を上り下りするのもおっくうに感じます。
足腰に負担を与えないように生活しなければいけないので、部屋の場所に注意してリフォームのデザインを決めてください。

滑り止めを備えておこう

子供やペットがいる家庭は、滑り止めを付けるのが良い方法です。
すると、転んでケガをする危険性が低くなります。
子供は走ってはいけないと伝えても、ガマンできずに走ってしまいます。
ケガをしないよう、事前に滑り止めを付けておきましょう。
また、尖っている部分があれば身体をぶつけてケガをします。
できるだけ角を取って、丸みを持たせてください。

ペットがいる家庭では、ペット専用の扉を付けるのがおすすめです。
するとわざわざ人間が扉を開けなくても、ペットが好きな部屋を自由に行き来できます。
ペットのことも考えて、リフォームのデザインを決めてください。
小さな子供やペットは、自分で意見を伝えることができません。
大人が気付いてください。


この記事をシェアする